文章でバレまくる「永遠に二流の人」の共通点

メール、資料、企画書…あなたは大丈夫?

もうひとつ文章によってバレるのが、なんといっても「コミュニケーションセンス」の有無である。

文章は、論理と知識だけでは読まれない

【3】「コミュニケーションセンス」の有無がバレる

賢くまじめな人ほど、非常に深淵な内容を、ガッチリ論理的に整理しようとする。しかし、その多くのケースで欠如しているのが、なんといっても「読み手の感情に訴えるセンス」である。

人は情報を、論理と知識だけで理解するのではない。しかしながら、感覚、感情を通じて直観に訴えることの必要性を感じ取ることができない「二流のエリート」があまりにも多い。

読み手にとっていちばん腹立たしいのは、ありきたりの内容がカッチリ論理的にまとめられただけで、感覚的に読みにくく、長ったらしすぎたり、ユーモアのかけらもないような二流の文章ではないだろうか。

私はいつも文章を書くとき、「気軽に入っていける導入部の会話」「渾身のジョーク一発」、そして「本質的な教訓」の3点セットが入るようにこだわっている。

これは、文章とは論理や知識だけではダメで、感覚的に読みやすく楽しくなければ、人さまに読んでもらう資格がないと考えているからだ。

一流の文章ほど、読者にとっての「読むコスト」を低下させるための努力がなされているものだ。一生懸命に読まないと、何を言いたいのかわからない文章は、二流の文章にほかならない。

仮に頭のIQが高くても、その人の文章を読んでくれる人など永遠に現れず、せっかくの頭脳も宝の持ち腐れで終わってしまう。文章を見れば、それほどその人の「センス」がもろにバレてしまうのである。

次ページでは「一流の文章」の秘訣は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT