日本オラクルが口コミ向上サービスに邁進

遠藤社長、「人の口に戸を立てる」と強調

買収で膨らむ事業の拡販も

オラクルは8年間で92社の買収を行ってきた。サンマイクロシステムズやBEAシステムズ、ピープルソフト、シーベル、ハイペリオン、ライトナウなどが大きいが、この1年間だけでもクラウド領域を中心に10社を買収している。当然、日本オラクルにも次々と新しい事業が加わることになる。

前期の増収に大きく貢献したのが、カスタマーエクスペリエンスの中核製品でもあるライトナウ。日本法人の人材も引き入れたことが奏功し、貢献が大きかった。

一方、人材管理ソフトのタレオは日本法人がなく、日本にはなかったサービスだっただけに、前期は苦戦した。まずは、グローバルに展開する企業をターゲットに、海外での人材採用、管理ニーズを狙っており、今2014年5月期が勝負の年となりそうだ。

こうしたことを踏まえ、遠藤社長は新年度の基本方針として、「マーケットカバレージ強化」「すべての製品で高いシェア」「コラボレーションの促進」「顧客満足度の向上」の4つをあげた。

次ページマイクロソフトも証明?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT