日本オラクルが口コミ向上サービスに邁進

遠藤社長、「人の口に戸を立てる」と強調

ライバルのマイクロソフトもオラクルの優位を証明!?

米オラクルは、6月24日にマイクロソフトと、25日にはセールスフォース・ドットコムと相次ぎ提携を発表。マイクロソフトとは、同社のウィンドウズ・アジュールなどのクラウドサービス上でオラクルの技術をサポート。主力製品の「オラクル・データベース」や「オラクル・ウェブロジック・サーバー」などが連動させられるようになる。また、セールスフォースとは、クラウドにおけるアプリケーション、プラットフォーム、インフラすべてで提携。セールスフォースのクラウド上で、オラクルのインフラ技術を標準化するものだ。

クラウド大手との相次ぐ提携で、オラクルはクラウドでの存在感を示した。アマゾン、セールスフォース、グーグル、マイクロソフトという、クラウド4強とされる企業のうち2つと組んだ格好だ。もちろん、この提携の背中を押したのは、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)の台頭であることは間違いなさそう。相次ぐ値下げによる圧倒的な価格競争力を武器に急激にユーザー数を増やしているAWSには、オラクルの永遠のライバルのSAPが猛接近しており、この対抗馬として、オラクルが求められた点は大きい。

遠藤社長は「世界を代表する2つの大きなクラウドサービスカンパニーが、オラクルを標準として採用してくれた。これによりユーザーの選択肢が増えること。マイクロソフトのアジュールでもセールスフォースでも同じようにオラクルのプラットフォームが使えるようになったことは、ユーザーにとってもいいことだろうと思う」と説明。さらに、「この2社がオラクルの製品を標準として選んでいただいたということは、クラウドのリーディングカンパニーがオラクルであることが、競合他社からも証明されたともいえる」と自信をみせた。

確かに、クラウド(SaaS)経由の販売は大きく伸びている。従来型(オンプレミス)での売り上げも伸びてはいるが、足元の利益率低下は、データセンター費用などがかかるクラウド経由の伸びが大きいため。それでも市場は、確実に第3のITプラットフォームであるクラウドの利用に傾いている。ここで存在感を示すことが、強いオラクルの維持に不可欠といえそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT