吉野家、低価格競争に“逆張り”新商品

焼き丼2種投入、脱・牛丼依存に布石

7月1日に行われた新商品発表会には、吉野家の門脇純孝専務(中)のほか、宮川大輔さん(左)、菊地亜美さん(右)が登場した

「がつんとくるような牛カルビ丼が好き」(宮川氏)、「北海道生まれなので豚丼にはなじんでいます」(菊地さん)といったトークセッションを繰り広げた。

「焼味豚丼十勝仕立て」の刷新も検討か

新商品発表会で会見した吉野家(吉野家ホールディングス傘下で「吉野家」を運営)の門脇純孝(かどわき・よしたか)専務取締役は、「(価格改定で)牛丼の価値を再設計するという目標は達成した。夏からはセカンドステージに入り、牛丼を中心に据えながら周辺商品を強化し、吉野家の総合価値を高める」と宣言した。

「牛カルビ丼」は、昨年9月発売で好評だった「牛焼肉丼」を刷新した新商品という

同社は4月18日に牛丼の並盛り価格を380円から280円に値下げ。その効果もあってか、4月の既存店売上高(前年同月比、以下同)は111.1%と7カ月ぶりにプラスに転じた。続く5月も115.9%と底入れの状況が続いている。

ただ、その中身を見ると、4月も5月も客単価は前年を割り込んだものの、値下げによる客数の大幅増で補う形になっている。

今回、吉野家は旗艦商品の牛丼に対して、新商品群を「ネクストバリュー商品」と位置づけ、「ねぎ塩ロース豚丼」と「牛カルビ丼」を投入した。同社側では詳細を明らかにしていないが、今後は「焼味豚丼十勝仕立て」の刷新や、鶏肉系どんぶりの再投入などを模索しているもようだ。

次ページ牛丼だけでは対応できない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT