東芝、新トップが挑む“3つの課題"

田中久雄社長ロングインタビュー

――その新中計に、西田会長の意見は入っていない?

ない。今、作っている最中で大体を固めましたが、私は西田会長に相談していません。

――やりにくさは感じていませんか?

まったくないですね。東芝は委員会設置会社で、執行側と監督側が明確に分かれています。ここはご理解いただきたいですね。僕が言うとあれですが、(トップが)2人いるとかね、まったく感じていませんし、懸念は持っていません。

――それでも元上司と部下として、さらには同じ東芝グループを背負う立場として、個人的に相談することは普通にあるのでは?

個人的な相談は、会長だろうが副会長だろうが部下だろうがあります。普通に一般的なディスカッションはやっていますから。「こうしろ、ああしろ」ということはないですね。言われても、私の意見と違っていれば考慮に入れません。私の執行は、私の考えでやります。

「デジタル」「成長」「財務基盤」に課題

――東芝グループの課題や問題はどこにあると考えていますか。特に業績が厳しいデジタル分野では、構造改革を行う可能性はないでしょうか。

課題は大きく3つあると思っています。ひとつ目はデジタル、特にテレビ事業の早期黒字化です。何をもって東芝グループは成長していくのか、その成長を加速させるのかが2つ目。最後は、財務基盤をどう強化するかです。

テレビ事業については現在、社内でいろいろ検討していますが、まだ何も決まっていません。早急に黒字化を目指すということで、ありとあらゆる検討を重ねています。当然ですが在庫や固定費の削減、それから高付加価値な「4Kテレビ」といった商品、大型化へのシフトがあります。東芝ならではのテレビ開発を、ありとあらゆる項目で現在検討し、近日中に発表できると思います。今下期には必ず黒字化を達成します。

成長戦略で私自身が広めたいテーマは、「創造的成長」を目指すことです。従来から東芝は、いろいろなイノベーションをやっています。世の中にない新しいものを研究開発して商品を出し、社内では「バリューイノベーション」と読んでいますが、これは従来型になります。私が新しい考え方として打ち出そうと思っているのは、「コンセプトイノベーション」です。

東芝グループは、さまざまな分野で多くの技術を持っています。社会インフラ系、デジタル系、電子デバイス系、あるいは白モノ家電系、いろんな事業領域があります。ところがその技術を融合する、すなわちそこの技術とここの技術を合体させて違う価値、新しい商品を出していくことがあまりない。ひとつの開発は、限られた用途向けとなっている。

次ページテレビ、パソコン事業を見直す可能性は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT