異次元緩和から3カ月,インフレ期待は上昇したか

市場動向を読む(債券・金利)

日銀新体制発足は3月。直後の「4.4異次元緩和」から、はや3か月が経過(撮影:尾形 文繁)

日本銀行は4月4日、アベノミクスで「第1の矢」と位置付けられた大胆な金融緩和政策として「量的・質的緩和」の導入を決めた。それからはや3カ月になろうとしている。これを機に、鳴り物入りの大胆緩和が所期の効果を発揮しているのかどうか、検証してみた。

脱デフレへ、インフレ期待に働きかける緩和政策

まずは大胆緩和のレジーム(枠組み)を確認しておこう。

政策目標は『消費者物価の前年比上昇率を、2年程度の期間を念頭に置き、できるだけ早期に実現する』こと、すなわち宿痾となっているデフレからの脱却だ。

操作目標は政策金利(=無担保コールレート翌日物)からマネタリーベース(=日銀券発行高+貨幣流通高+日銀当座預金残高)にチェンジした。日銀は、それが『年間60兆~70兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う』と宣言。そして、昨年末に138兆円だったマネタリーベース残高は今年末に200兆円、来年末には約2倍の270兆円に達するとの見通しも提示した。ゆえにこれは『マネタリーベース倍増計画』と称されている。

主な調節手段は長期国債の大規模かつ無期限の購入。日銀は毎月、入札発行額の7割強に相当する7兆5000億円前後を市場で買い入れ、マネタリーベースの原資を市場に供給している。結果、同残高は6月21日現在で約171兆円と順調に積み上がり、異次元緩和の導入直前だった3月末から約25兆円増えた。

次ページインフレ期待の上昇を示すとされる指標
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT