年利0.6%!超低金利の住宅ローンが大人気

銀行業界に思わぬ波紋

異次元といえる超低金利ローンが人気を集めている。

6月3日、三井住友銀行が取り扱いを始めた住宅ローン。何より目を引くのは、その金利水準だ。3年固定金利で年0.6%(最優遇)。従来の年1.5%から大幅に下げたうえ、変動金利(年0.875%)よりも低い。「おそらく当行の歴史の中で、最も低い水準」(山本得郎・ローン商品グループ長)を打ち出した。

長期金利の上昇に伴って、主要行は5月以降、主力である10年固定の住宅ローン金利を相次いで引き上げている。そうした状況下に登場した超低金利商品。三井住友銀行は総額1000億円の融資枠を設けているが、取り扱い開始からわずか1週間でそのうちの約4割が埋まった。

「これほどの反響があるとは思っていなかった。(デベロッパーなど)業者経由よりも直接銀行に来店する顧客が目立つ」(山本グループ長)。当初7月末までの取り扱いを予定していたが、このペースが続けば6月中旬で終了する可能性もある。

次ページ「正直、採算は厳しい」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。