年利0.6%!超低金利の住宅ローンが大人気

銀行業界に思わぬ波紋

異次元といえる超低金利ローンが人気を集めている。

6月3日、三井住友銀行が取り扱いを始めた住宅ローン。何より目を引くのは、その金利水準だ。3年固定金利で年0.6%(最優遇)。従来の年1.5%から大幅に下げたうえ、変動金利(年0.875%)よりも低い。「おそらく当行の歴史の中で、最も低い水準」(山本得郎・ローン商品グループ長)を打ち出した。

長期金利の上昇に伴って、主要行は5月以降、主力である10年固定の住宅ローン金利を相次いで引き上げている。そうした状況下に登場した超低金利商品。三井住友銀行は総額1000億円の融資枠を設けているが、取り扱い開始からわずか1週間でそのうちの約4割が埋まった。

「これほどの反響があるとは思っていなかった。(デベロッパーなど)業者経由よりも直接銀行に来店する顧客が目立つ」(山本グループ長)。当初7月末までの取り扱いを予定していたが、このペースが続けば6月中旬で終了する可能性もある。

次ページ「正直、採算は厳しい」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT