30~40代に好感度が高い企業・ブランド100

やはりあのコンビニ大手、モスが強い

モスバーガーはセブン-イレブンと同じく幅広い年代で好感度が高い(撮影:今井 康一)

日常生活を送っていく中で、人はさまざまな商品やサービスを利用している。それを提供している企業やブランドを「認識」しているだけではなく、「好感を持っている」いう観点で見ると、意外な傾向が見て取れる。

東洋経済オンラインがJNNデータバンクの協力を得て作成した「好感度が高い企業・ブランド『トップ200』」(10月23日配信)、「10~20代に好感度が高い企業・ブランド100」(11月6日配信)には、多方面から反響が寄せられた。今度は30代、40代のそれぞれに絞った好感度ランキングをお届けしよう。

「第72回JNNデータバンク定例全国調査」(2015年11月実施)のデータから一部を抜粋。これはTBSテレビをキー局とする全国28社のテレビ局(JNN系列)が1971年から毎年共同で行っているライフスタイル調査だ。訪問留置法という調査方法を用いている。

今回の調査対象は30~39歳の男女1439人と、40~49歳の男女1543人。各年代ごとに日本人になじみのある企業・ブランドについて、「好感を持っている」と回答した割合を「好感度」として上位100企業・ブランドずつを並べた。男女別の好感度や総合順位も併載した。

30・40代とも1位はセブン-イレブン

30代は1位がセブン-イレブン、2位がモスバーガー(モスフードサービス)、3位が無印良品(良品計画)となった。中でも無印良品は30代女性の好感度が50.1%と年代別-男女別で唯一過半数を超える支持を集めた。

40代も1位はセブン-イレブン。2位にトヨタ自動車、3位モスバーガー(モスフードサービス)が続いた。今回の調査対象ではちょうど平均的な年齢に相当し、トップ10のうち9つは総合ランキングでもトップ10入りしている企業・ブランドとなった。

次ページまずは30代の1~50位
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT