今秋は2006年8月以来の「好景気」に?

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(1)

今秋も景気は良い?(3月の伊勢丹新宿店リブランドオープンで:撮影:尾形 文繁)

景気は企業業績の伸長を牽引役として7年3カ月ぶりの高い水準へ。最大の注目点は「成長戦略」や「金融緩和」。注目の業種は「輸送用機器」を筆頭に、「化学」が5位圏内入り――有力エコノミスト各氏への「景気四季報」調査(5月時点)の集計結果だ(『会社四季報』2013年3集 夏号6~9ページ掲載)。

なお、前回の調査では、景気水準は2012年11月の18.3ポイントという「やや悪い水準」(小雨)を直近のボトムに、13年2月には39.0ポイントへ上昇し回復局面入りしていた。

それに続く今回の調査では、足元の5月は53.3ポイントと、なお「どちらとも言えない水準」(曇り)。ただ、拡大局面入りを意味する50ポイント超えは、実に07年11月以来5年半ぶりのことだ。

次ページ有力エコノミストの回答も必見
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。