景気は一段上昇へ、注目度1位は輸送用機器

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(1)

景気は企業業績を浮揚力として一段上昇へ。最大の注目点は「成長戦略」と「日銀新体制」。特別調査「注目の業種」の筆頭は「輸送用機器」――というのが有力エコノミスト各氏へ2月時点で実施した「景気四季報」調査の集計結果だ(詳細は『会社四季報』の8~9ページも参照。なお、この調査の沿革については、こちらを参照)。

景気水準は、2012年11月が18.3ポイント「やや悪い水準」(小雨)で、東日本大震災直後以来の直近のボトムだった。それが足元(2月)では39.0ポイントの「どちらとも言えない水準」(曇り)へ一段上昇した。そして3カ月後(5月)への景気の方向性は、牽引力が大きい順に「企業業績」(82.0ポイント)・「設備投資」(72.0ポイント)・「個人消費」(69.0ポイント)・「米国経済」(64.0ポイント)で、「ややよくなる方向」(↗)になると予想されている。

次ページ今後の景気見通しは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT