景気は一段上昇へ、注目度1位は輸送用機器

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(1)

景気は企業業績を浮揚力として一段上昇へ。最大の注目点は「成長戦略」と「日銀新体制」。特別調査「注目の業種」の筆頭は「輸送用機器」――というのが有力エコノミスト各氏へ2月時点で実施した「景気四季報」調査の集計結果だ(詳細は『会社四季報』の8~9ページも参照。なお、この調査の沿革については、こちらを参照)。

景気水準は、2012年11月が18.3ポイント「やや悪い水準」(小雨)で、東日本大震災直後以来の直近のボトムだった。それが足元(2月)では39.0ポイントの「どちらとも言えない水準」(曇り)へ一段上昇した。そして3カ月後(5月)への景気の方向性は、牽引力が大きい順に「企業業績」(82.0ポイント)・「設備投資」(72.0ポイント)・「個人消費」(69.0ポイント)・「米国経済」(64.0ポイント)で、「ややよくなる方向」(↗)になると予想されている。

次ページ今後の景気見通しは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT