景気は一段上昇へ、注目度1位は輸送用機器

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(1)

景気は企業業績を浮揚力として一段上昇へ。最大の注目点は「成長戦略」と「日銀新体制」。特別調査「注目の業種」の筆頭は「輸送用機器」――というのが有力エコノミスト各氏へ2月時点で実施した「景気四季報」調査の集計結果だ(詳細は『会社四季報』の8~9ページも参照。なお、この調査の沿革については、こちらを参照)。

景気水準は、2012年11月が18.3ポイント「やや悪い水準」(小雨)で、東日本大震災直後以来の直近のボトムだった。それが足元(2月)では39.0ポイントの「どちらとも言えない水準」(曇り)へ一段上昇した。そして3カ月後(5月)への景気の方向性は、牽引力が大きい順に「企業業績」(82.0ポイント)・「設備投資」(72.0ポイント)・「個人消費」(69.0ポイント)・「米国経済」(64.0ポイント)で、「ややよくなる方向」(↗)になると予想されている。

次ページ今後の景気見通しは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。