景気は一段上昇へ、注目度1位は輸送用機器

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(1)

かくて今後(8月)の景気水準は、66.0ポイントの「ややよい水準」(薄曇り)へ、さらに一段上昇すると予想されている。

「最大の注目点」としては、「成長戦略」と「日銀新体制」のそれぞれを、回答者の28.0%が挙げた。続くのは「アベノミクス」の20.0%、TPP(環太平洋パートナーシップ協定または環太平洋戦略的経済連携協定)やFTA(自由貿易協定)といった「通商政策」の16.0%である。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。