「住みよさランキング2013」東日本編

山形、茨城、福井、愛知・・・、偏り目立つ域内順位

日進市など愛知県の都市が上位に数多く食い込んだ(撮影:大澤誠)

「住みよさランキング2013」を地域ブロック別にみてみよう。今回は東日本編。「北海道・東北」「関東」「甲信越・中部・北陸」の各ブロックごとに、上位20都市をランキングした。

「北海道・東北」は名取が3回連続トップ。東根も連続2位

まず「北海道・東北」では名取市(宮城)が2010年、前回に引き続き、3回連続で1位となった。これに続く東根市(山形)も前回に引き続き2位の座を守った。3位の大仙市(秋田)は前回4位から順位を1つ上げ、4位の本宮市(福島)との間で、順位が入れ替わった。

名取市は、仙台市のベッドタウンとして人口流入、住宅建設が続いているうえ、「イオンモール名取エアリ」を筆頭に大型商業施設が立地していることもあり、「利便度」では10位、「快適度」も東日本大震災の影響から「転入・転出人口比率」が若干低下したものの、それでも11位と全国トップクラスにある。また、サクランボ生産日本一の東根市は、工業団地の造成などを進めた結果、人口が流入し、出生数も増加したことが順位の上昇につながったとみられる。なおトップ10には、東根市を含め山形県内の4都市がランクインしている。

次ページ関東不動のトップ4は?
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT