起業ブーム再び!今、“81世代"が面白い

YJキャピタルCOO 小澤隆生氏に聞く

日本はいちばん稼げる市場

――今回の起業ブームはまだ続きますか?

今回のブームを引っ張ったのはゲーム業界。パズドラもそうですけど、1発当たると、月の利益が100億円以上出るわけです。面白いゲームを作ればそこまでいけるとなると、ちょっと賢い子であれば一度はチャレンジしますよね。コンピュータ1台あれば、ゲームは作れますから。

最近、東南アジアも回っていますが、僕が訪れた会社は、「ゲームで1発当ててやるぜ」という感じでしたね。すでにゲームは国境を越えたグローバルビジネスになっています。

その中でも、いちばん稼げるのは日本。アメリカよりもどこよりも稼げます。今の日本人は、ものすごいゴールドラッシュの金山のど真ん中にたまたま住んでいるわけです。こんなラッキーな環境にあって、チャレンジしないというのは、みんながつるはしを持って金山を掘っているのに、横でそれをただ見ているだけという感じです。もちろん、ほとんどのチャレンジは失敗に終わると思いますが、当たるとその幅がでかい。

起業はやっぱり、バカみたいな成功事例がいくつか出てくるのがすごく重要です。かつてガラケー時代に着メロが盛り上がった際も、こんな感じでした。時価総額が何千億円もついて、利益もバカみたいに儲かったんです。

今回のブームは、前回よりも少し成功の可能性が上がっている気がします。起業という点ではすごくよい環境です。ゲームビジネスそのものによって、世の中が改善していくような感じはしませんが、おカネが回りだすことによって、相対的に社会的に役立つサービスが生まれ、何かしらの好循環が起きる可能性は十分あります。その意味で、今はいい時代だと思いますよ。

(撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT