起業ブーム再び!今、“81世代"が面白い

YJキャピタルCOO 小澤隆生氏に聞く

ポテンシャルよりも、まずは実績を見る

――投資をするかどうかの、決め手となるのはどういう部分でしょうか。

ヤフーとして見る場合は、現況の数字を結構見ます。もちろんポテンシャルがあることが大前提ですが、「今、どれぐらい数字が出ているか」に注目します。実際にビジネスをしていて、小さなサイズでもいいので、1回転していることがすごく重要です。いわゆる企画書には、おカネは出さないですね。

小澤隆生(おざわ・たかお)
YJキャピタル 取締役COO
早稲田大学卒業後、CSK入社。1999年にビズシークを創業。2年後に楽天に売却。ビズシークの吸収合併により楽天に入社し、役員としてオークションを担当する。
その後、楽天イーグルス立ち上げ担当として楽天野球団取締役事業本部長に就任。2006年に楽天を退社し小澤総合研究所を設立、ベンチャーへの投資やコンサルティング業務を行う。2011年に設立したクロコスを2012年にヤフーに売却し、ヤフーグループに参画。2012年より自ら設立に携わったYJキャピタルのCOOに就任。

――経営者の人物像としては、どういうところを見ていますか。

社長としての経営力、胆力、人間力というのはなるべく見ようと思っています。大事なのは、粘り強さ、しつこさ、勝ちへの執念みたいなもの。それを胆力というのかもしれませんが、やっぱり突き詰めていく力だと思います。

いろいろな経営者と働いてみて感じるのは、成功確率を上げるために重要なのは、「アーティスティックな部分」よりも、「当たり前のことを深掘りしてやる力」。やり切る力を持っている経営者には投資したいなと思います。

それと、茶目っ気というか、遊び心がある人を僕は好む傾向があります。そういう人の営む事業やサービスは、お客さんを引き付けやすいですし、何かきついときがあっても、最後は人柄で乗り切れてしまうところがある。

あとは、頭を下げられる人。お願いができる人、プライドが高すぎない人ですね。勝ち負けで言えば、勝ちにこだわるんですが、ダメなときはダメだと認められる人が好きです。

ベンチャーに限らず企業には、悪いときが必ずきます。その際に、頑張り抜けるか、おカネが足りなくなったときに、誰かに拝み倒して頼むことができるかどうか。そういうときに、頭を下げられずに、失敗してしまう人をこれまで何人も見てきました。

一定のプライドは必要ですが、プライドが高すぎる人はベンチャー企業に向かない傾向があると前々から思っています。これは、非常に定性的な僕の主観ですが、見栄っ張りや、プライドが高い人よりは、ぶっちゃけ話ができる人のほうが、成功しやすいように思います。

次ページホームランを打てる人の特徴
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT