売られすぎ!? 「割安株」トップ200

『会社四季報』夏号発売!暴落で1株純資産割れ銘柄急増

低PBR上位で目を引くのは富士フイルム、JX

ランキング上位で目を引くのが11位の富士フイルムHD。時価総額1兆円以上、自己資本比率60%超であり、今期は23%の営業増益予想。それがPBR0.5倍と株価は解散価値の半分に低迷。5月22日に2477円だった株価は6月7日には1956円と21%下落している。

23位に入ったのがJXホールディングス。ガソリンスタンドのENEOSでも有名な石油精製最大手。金属事業も大きい時価総額1.1兆円の有力企業。ROEは8%を超える。株価は5月22日終値で577円をつけたが、その後続落して6月7日に444円をつけ、23%の下落となった。このため、PBRは0.57倍を低かった。

次ページ総合商社も割安放置
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現地ルポ<br>アメリカ・若者たちの反乱

Z世代、ミレニアル層と呼ばれる米国の若者が大きく揺れている。従来の保守、リベラルの枠組みを超えて右と左に分裂、新しい政治運動を推し進めている。彼らの受け皿となっている新・社会主義、リバタリアニズムの現場をリポート。

  • 新刊
  • ランキング