売られすぎ!? 「割安株」トップ200

『会社四季報』夏号発売!暴落で1株純資産割れ銘柄急増

トヨタ本体は1倍割れ回避も、その大株主は0.78倍と割安

時価総額トップのトヨタ自動車の源流であり、同社の大株主でもある豊田自動織機もPBR0.78倍に低迷した。トヨタ自動車は1.43倍と1倍割れは回避しているが、自動車業界全体として割安訂正は進んでいないようだ。

次ページ高炉最大手、任天堂の順位
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング