売られすぎ!? 「割安株」トップ200

『会社四季報』夏号発売!暴落で1株純資産割れ銘柄急増

高炉大手の実力、任天堂の低迷

時価総額2兆円を超えた鉄鋼最大手の新日鉄住金は0.9倍とライバルを上回った。高炉でPBRが低かったのは、同じく合併で新スタートを切った日新製鋼HDの0.47倍。時価総額889億円だった。次いでJFEホールディングスの0.71倍と、神戸製鋼所の0.72倍が並んだ。

任天堂も0.97倍とギリギリながら1倍割れを喫した。業績は低迷が続いたが、財務内容は良好。自己資本比率84.8%、流動比率は566%。手持ち資金も豊富なキャッシュリッチだ。5月22日に1万1220円と1万円を超えていた株価は6月7日、9300円に沈んだ。

ただ、急激に下げた株価は、戻りも早いといわれる。業績優良企業にとっては、PBR1倍割れは“異常株価”といっても過言ではない。株式相場が落ち着きを見せるとともに、早期に修正される可能性も高そうだ。(撮影:今 祥雄)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング