「中等部から慶應」の27歳女子に「幼稚舎」の壁

東京カレンダー「慶應内格差」<2>

これまでいろんな職業の男と付き合った。開業医やミュージシャン、広告代理店営業マン。どれも長くは続かず、全て栞から別れた。

最後の彼は、プロ野球選手。稼ぎはいいし、野球に直向きな姿は尊敬できる。だけど、会話に知性が感じられないし、浮気の心配もある。結婚は絶対無理!3Sはおろか、両親にも決して会わせられない……。もう遊びは終わりにしないと。経済力。知性。家柄。とにかく遺伝子が良さそうな人。

栞の頭に、ある1人が浮かんだ。

「……圭一郎!」

すぐさま3SにLINEをなげる。

ー私、やっぱり圭一郎がいい。ー

すると沙羅。

ー確かに。結婚相手としては大あり!ー

フラれたのは人生で一度きり

圭一郎は慶應の同級生。高校時代に麻布十番祭りで早希子に紹介され知り合った。

幼稚舎生。16年間を慶應で過ごす、まさしく純粋培養。二物も三物も与えられた真の慶應生たち。何でもある環境に育ったからこそ、彼等はすごく純粋だ。人を羨むことも妬むこともない。

実家は9割方港区もしくは世田谷区。高級車を数台所有し、デートやゴルフ、場面によって乗る車をチェンジ。頻出スポットは、けやき坂スタバ。車をヒルズの駐車場に停め、ラフな服装で登場。24時、アバクロの似合う男性を見つけたら要注意。

あくまで家業があるので、仕事はノリ。とりあえず毎日が楽しければ。女性には一銭も出させない、それが彼らのモットー。

圭一郎もまた幼稚舎生らしい屈託のないまっすぐな性格の持ち主。栞は自分にはないものを感じ、学生時代にずっと片思いしていた。

栞から告白もしたが、まさか、と本気にしてくれなかった。

フラれたのは人生で一度きり。圭一郎だけだ。卒業と同時に連絡もしなくなり、いまはSNSで投稿を見るのみ。

プロ野球選手の彼とは別れたが、変わらず目の前のめぼしい相手とのお食事会に行く毎日を送っていた。今日の相手は弁護士。優良物件だが、独特の上から目線がちょっと……。

次ページこの再会はきっと運命だ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT