JAL、ANAも身構える“中東の翼”

エミレーツ航空が羽田-ドバイ便を就航

東京都内で会見するエミレーツ航空のティエリー・アンティノリ パッセンジャー・セールス・ワールドワイド執行副社長

なぜ、割安料金と豪華サービスを両立できるのか。「ビジネスとして、とても成り立つ価格ではない。国家戦略として、燃油を安く調達できるなどのサポートがあるのではともささやかれ、実態が不透明だ」。ある国内大手航空会社の幹部はそう警戒する。当のエミレーツ側は「燃料はほかの航空会社と同じ価格で購入している」(アンティノリ副社長)と否定する。

エミレーツは欧州エアバス社の2階建ての超大型旅客機「A380」を90機も大量発注するなど、近年積極投資を敢行。1度に大量の旅客を運べる大型機は、1座席当たりの燃料費が少なく済み、しかも最新型機のため燃費性能も高い。座席を埋めることができれば輸送効率が高く、その分値下げの余地が生じる。いわば、薄利多売のビジネスモデルだ。

カタール、エティハド航空を入れた「ガルフ3社」が台頭

急成長しているのはエミレーツだけではない。カタール航空、エティハド航空を含めた中東のエアライン勢は「ガルフ3社」と呼ばれ、今や世界中のエアラインから恐れられる存在だ。ANAホールディングスの伊東信一郎社長も、「海外エアラインのトップと話すと、中東キャリアーにどう対抗するかは必ず話題になる」と言う。

6月3日、スペイン・FCバルセロナの本拠地カンプ・ノウスタジアムで入団会見に臨んだ、ブラジルの若きスーパースター、ネイマール。5万人超のサポーターの前に姿を現したそのユニフォームの胸に刻まれていたのは、「QATAR AIRWAYS(カタール航空)」の文字だった。

FCバルセロナはアルゼンチン代表のリオネル・メッシらを擁する世界最高のサッカークラブ。その胸部分に商業広告が入るのは、110年以上の歴史の中で初めてのことだ。

バルセロナだけではない。英アーセナルや伊ACミラン、仏パリ・サンジェルマンなどのビッグクラブのユニフォームには「エミレーツ航空」の名が、英マンチェスター・シティFCのユニフォームには、エティハド航空の名が入る。中東のエアラインは資本力にものを言わせ、欧州のビッグクラブの顔の部分を占拠するまでになっている。

次ページ知られざる「カンタス・ショック」の存在
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。