「喋りすぎて」結婚できない男に訪れた良縁

「家族同士が惹かれ合う」という運命もある

多くの恋愛では、過去を断ち切らないと新しいスタートを切ることはできない。亮平さんとは別の話だが、不倫をしている人から「いい人がいたら不倫相手とは別れて結婚したい。でも、すてきな独身者と出会えない」と愚痴を聞くことがある。既婚者が不倫相手の独身者に優しいのは当たり前なので、不倫をしながら「もっといい人」を探すのは難しい。

本当に新しい出会いを求めるのであれば、「好きだけど、自分とはちゃんと向き合ってくれない人」は根本的に不誠実なのだと見極めなければならない。亮平さんのかつての片想い相手も同じだ。10年間も思わせぶりなんて残酷すぎる。他人の大事な30代をなんだと思っているのか。

つい興奮してしまった。43歳の時、亮平さんにチャンスが訪れる。再び辞令が下り、名古屋の中心部での勤務となったのだ。今度の出向先は残業がほとんどなく、有給休暇も取得しやすい。

「前の職場に比べると、時間的な余裕ができました。実家からもすぐのところに職場があり、動きやすい。婚活をするには最後のチャンスだ、と思いました」

亮平さんは大手結婚相談所に入会する一方で、母親の「友達の友達」であるプロのお見合いおばさんの手も借りることにした。合わせて15人ほどの女性とお見合いをしたが、よい結果はなかなか出なかった。

亮平さんは「30代前半までの女性がいい」などと男性にありがちな条件を提示していたわけではない。どちらかと言えば、亮平さんがお断りをされてしまうことが多かったのだ。

「とにかく話しまくる」スイッチがオンに

「私は初対面の人にはしゃべりすぎてしまうんです。正直すぎるのでしょうか。家族の問題などもすべて明かしてしまいます。相手に考えて話す時間も与えていないと自覚しています。でも、つい話し過ぎる。相手が引いているなとわかっていても、どんどんしゃべってしまうんです」

亮平さんと会食をしていて、筆者も同じことを感じていた。亮平さんには会話における「間」がないのだ。たくさん話してくれるのはありがたいけれど、こちらにも考えたり別の質問をする時間をもらえないと疲れてしまう。これがお見合いやデートであれば、「この人は自分のことばかり夢中で話しているけど、私のことは見えているのだろうか」と不安になるだろう。

次ページ「この人と結婚しなさい」と姉が断言した意外な理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT