「喋りすぎて」結婚できない男に訪れた良縁

「家族同士が惹かれ合う」という運命もある

結婚してからも綾子さんにはぎこちなさが残っていた。ささいなことで言い争いになってしまう。あるとき、綾子さんは亮平さんに気持ちをぶつけた。

「両親がいないから私と結婚したんでしょう!」

綾子さんは天涯孤独の身であることを負い目に感じていたのだ。それに対して、亮平さんも本音を返した。

「何をバカなことを言っているんだ。お姉さんの妹だから結婚したんだよ!」

亮平さんと綾子さんはそれぞれの実姉を尊敬している。その姉同士が仲がよかったこと。家族を大切にする亮平さんにとっては何よりの結婚理由だったのだ。このケンカ以来、綾子さんは急に穏やかになった。

母も姉も、妻を元からの家族のように思う

「母も姉も、妻をもともとの家族のように思っています。自分たちが母親と姉の代わりをするのだそうです。私も妻に、亡くなったご両親とお姉さんもひっくるめて家族なんだと伝えるようにしています。最近、お母さんやお姉さん、飼っていた犬の思い出を少しずつ話してくれるようになりました。お父さんの話はほとんど出て来ませんけど(笑)」

結婚して2年目には不妊治療を受け、すぐに男の子に恵まれた。亮平さんの提案で、綾子さんの旧姓の漢字を一部使った命名をした。わが子に、綾子さんの家族の血が流れていることを忘れないでほしいからだ。

「信心深い妻は、毎日欠かさずにご先祖様の供養をしています。その姿を見て育っている息子は、まだ2歳なのに仏壇と神棚に自ら手を合わせるんですよ。このまま成長してくれたら嬉しいです。うちの家族も先祖を大事にして来たので、特に母が喜んでいます。本当にいい人と結婚できました。ご縁に感謝しています」

肉親との付き合いや距離感は個人によって大きな差がある時代だ。早くに両親と姉を亡くした綾子さんは、家族と先祖との絆を一人きりで守り続けていた。そこに強く共感して結ばれた亮平さんの家族との関係は極めてよい。個人が惹かれ合うだけでなく、家族が求め合うような結婚もあるのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT