進む円安ドル高、次の重要なドルの節目は?

ディーラー歴20年の達人が読む為替

各国の中央銀行の金融政策の違いが、最近の為替市場の注目材料なのは変わらず、ということか。

22日は、日銀政策決定会合、英BOE議事録発表(5月8日、9日分)、バーナンキ米FRB議長議会証言、さらにFOMC議事録公表(4月30日、5月1日分)と、なんと「中央銀行ネタ4連発」とすごい1日だった。おかげで寝不足になってしまうのは確実となった。

それぞれの事情で動いたマーケット

マーケットはそれぞれの事情で動いたという感じがするが、やはり一番影響力があるのは米国の金融緩和の行方だ。その意味では「ベン(バーナンキ)の言葉」に市場は注目していた。結果はどうだったろうか。「適切な金融政策スタンスを維持するために、資産買入れペースを拡大、もしくは縮小する用意がある」。ここらあたりは一般論だろうか?

一方で、「FOMCは低金利を維持するリスクを意識しながら(ここらへんはタカ派に配慮したのか)・・・、金融政策の時期尚早な引き締めは景気減速や回復の頓挫、インフレ率の一段の低下といった多大なリスクを招く恐れがある・・・」

結局は、どっちなんだろうか?明確なヒントは与えてくれない。

次ページ材料を十分に織り込めなかった市場
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。