日米の「心地よい相場」は終幕を迎えつつある

金融政策に市場が反応を示さなくなってきた

日銀は「金融緩和強化」という言葉を入れることによって、「国債買い入れを続けつつ、10年国債利回りを『概ね0%』で推移させる」という政策が両立可能な「金融緩和策」であるかのような「お化粧」を施している。だが、日銀が国債購入を続けながら、マイナス利回りで推移する10年国債利回りを「概ね0%」まで引き上げるというのは、現実的に不可能に近い政策である。

もし、マネタリーベースを増やそうとして国債を購入すれば、マイナス利回りが拡大し、「概ね0%」で推移させる目標を達成することは出来ない。

一方、10年国債利回りを「概ね0%」で推移させるという目標を達成しようとすれば、現状では国債を売却しマネタリーベースを減らさなければならない。

日米とも「理想的な状況の終幕」は近い

日銀は新政策によって、「金利」と「量的緩和」の両方を可能にする別の意味での「ゴールディロック的な政策を実施しているような印象を、市場に与えようとしているのではないか。だが、現実のオペレーションが始まることによって、そうした政策でないことが早くも露呈し始めている。

筆者が言いたいのは、日米の金融政策に対する市場の感応度が落ちてきており、それは市場が「ゴールディロック」的状況の終幕が近いことを認識していることを意味する、ということだ。市場の根底には「FRBの利上げ」「日銀の実質引き締め」が流れていることを示すものだ。

「利上げ」という自ら「ゴールディロック」状態を終わらせる選択肢を持つFRBに対して、日銀は「ゴールディロック」状況が続くことを主張し続けるか、これ以上「異次元の金融緩和」には効果がないことを認めて、政策を解除するしかない。

後者の日銀の方が、より苦しい立場に立たされているのは間違いない。
今後、日銀がどちらを選択しても、生じるものは「市場からの信頼の失墜」だ。「ゴールディロック」な状態から目覚めたとき、厳しい現実に直面するのは日銀だということを意識しておいた方が賢明かもしれない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。