近づくマイナス金利、ドラギ総裁も手詰まり?

景気・経済観測(欧州)

市場の期待誘導を狙った言葉とは裏腹に、追加緩和に及び腰と受け止められれば、市場はECBの“手持ちカード”が少なくなってきたことを察知しよう。他方、実際に預金金利をマイナスに引き下げた場合にも、市場参加者の多くは目立った政策効果は期待できないと考えていることから、追加緩和への督促が始まる恐れがある。

景気浮揚面でのドラギ・マジック再燃はなるか

ECBは現在、利下げの効果を阻害している“市場の分断化”の改善を目指し、資産担保証券(ABS)を活用した中小企業への融資促進策の検討を開始している。ただ、新たな中小企業支援策が景気浮揚の即効薬となるかは疑わしい。欧州のABS市場は長らく休眠状態にあり、新制度の導入には実務・制度の両面で様々な障害がある。総裁はさまざまな政策選択肢を検討しているとするが、同時に検討はごく初期的な段階にあることを認めている。

ドラギ総裁は2011年11月の就任以来、期間3年の長期リファイナンスオペ(LTRO)で欧州の銀行の資金繰り危機を救い、金額の上限を設けない新たな国債購入策(OMT)でイタリア・スペインへの危機波及懸念、さらにはユーロの分裂・崩壊リスクを封じ込めることに成功してきた。

ドラギ総裁の果敢な行動と“言葉の力”で債務危機に対する過度な不安心理は後退した。しかし、今、市場が求めている景気浮揚の面では目を見張る成果を挙げることができずにいる。追加の利下げ余地が乏しくなるなか、ドラギ総裁の次の一手に注目が集まる。

関連記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。