米国経済は再びスプリング・スランプに陥るか

景気・経済観測(米国)

メジャーリーグが開幕してちょうど1カ月が経過した。テキサス・レンジャーズのダルビッシュ投手がすでに5勝を記録しているほか、ここニューヨークではヤンキースの黒田投手が4勝目をあげるなど、日本人選手の活躍が目立っている。5月3日時点の両チームの順位は、それぞれの地区リーグで1位、2位と、順調な滑り出しをみせている。

一方、大型補強で前評判が高かったトロント・ブルージェイズやロサンゼルス・エンゼルスは開幕早々に失速、ともにリーグ下位に低迷している。故障者が続出したことに加え、期待の目玉選手が深刻なスランプに陥っていることが、その理由だ。スタートダッシュに失敗した両球団だが、実力自体は申し分ない。9月末までの長いシーズンで、どこまで盛り返すことができるのか、ファンならずとも気になるところである。

米国経済に再びスランプの兆し

スランプといえば、米国経済にも足元で失速の兆しがうかがえる。

前月のコラムで触れたとおり、米国経済は過去3年間、年明けに回復期待が高まりながら、春から年央にかけて景気が失速するというサイクルを繰り返してきた。こうした春の景気失速を、米国ではスプリング・スランプと呼んでいる。

今年も4月以降、景気回復ペースの鈍化を示唆する指標が相次いだことから、市場では「またスプリング・スランプに陥るのではないか」という懸念が台頭している。

事実、4月初めに発表された3月の製造業ISM指数は4カ月ぶりに低下し、ほぼ横ばいを見込んでいた市場にとってはネガティブサプライズとなった。4月の同指数も2カ月連続で低下し、企業業況の改善ペースが鈍っていることを示している。

次ページ過去3年のスランプの原因は・・・
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。