米経済に先行き不安、QE3年内縮小派に障害

3月FOMCは「QE3年内縮小論」優勢だが、直近指標は弱含み

3月19~20日に開催された米国連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録(4月10日公表)を読み解くと、QE3(1カ月850億ドルの証券購入)の「2013年内縮小・停止」が視野に入っていたことが明らかになった。前月のFedウォッチャーでは「QE3の運営は裁量的にならざるを得ず、FOMC参加者らの発言次第で、QE3に対する市場の期待は大きく変わり、金融市場のボラティリティが高まるおそれがある」と指摘したが、3月会合の議事録はまさにサプライズとなった。

「2013年終盤の縮小」を支持したFOMC指導部

FOMCの議事録は、おおよそ次のような3部構成となっている。すなわち1)連邦準備制度理事会(FRB)スタッフによる景気・金融市場の現状説明と見通し、2)投票権を持たない地区連銀総裁らを含む「参加者」(計19名)による現状分析、3)投票権を持つ「委員」(計12名)らによる政策ディスカッション(Committee Policy Action)、である。

ただQE3の運営にあたっては、そのメリットとデメリットを継続的に評価することになっており、3月議事録では上記2)と3)の間に、「参加者らによる資産購入の評価」(Review of Efficacy and Costs of Asset Purchases)、というパートが加わった。1月会合の議事録でも2)に相当するパートで参加者らによる資産購入の評価が行われているが、3月会合ではより多くの時間が「参加者らによる資産購入の評価」に割かれたことがうかがえる。

「参加者らによる資産購入の評価」の内容は多岐にわたるが、サプライズだったのは、QE3変更のタイミングに関わる議論の中で「労働市場の見通しが継続して堅調な改善をみせるなら、今後数四半期のどこかでQE3のペースを緩めることができる」との見方を「多くの参加者」(many participants)が表明した点である。これに対し、「複数の参加者」(a few participants)が「現状では少なくとも年末までは現行ペースで継続するべきだ」と述べているが、2014年という文言は見当たらない。

次ページ「年末まで現行維持」派が消えかかっていた
人気記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。