なぜ福山雅治より、石田純一がモテるのか?

男たちよ、聞き上手たれ

以前、雑誌を読んでいたら、面白い記事がありました。タレントのテリー伊藤さんのコラム。テーマは「石田純一がモテて、福山雅治がモテない理由」。この2人から聞いた話をまとめた実話ベースのコラムですが、多くの方は「意外」と思うのではないでしょうか?

外ズラだけ見ると、男としては福山さんの圧勝です。仕事はできるし、肉体的なエネルギーもありそうだし、顔はハンサム、声もイケてる。でも、福山さんが語ったところによると、「テリーさん、僕、実は全然モテないんですよ……」だそうです。

にわかには信じられない話ですが、その理由を聞くと、なるほど納得です。福山さんは相手の話を黙って聞くことができず、つい「それは違うよ」とか、「もっとこうしたほうがいい」と口を挟み、果てはお説教までしてしまう始末、なんだそうです。確かに相手は疲れるし、ウンザリすることでしょう。話を聞いてほしいときに、話の腰を折られたり、否定されたりしちゃったら……。

一方の石田さん。女性にモテるコツは「話を聞くこと」と前置きしたうえで示した実例がスゴいのです。さすが50代半ばで22歳年下の美人を射止める人は違うと思わせます。それは、女性と話をしていて、「うん、うん」「そうだね」と相づちを打つ以外、何時間もまったくしゃべらない、相手の話をひたすら聞くだけということがあるのだそうです。

すごい聞き上手。というより、すごい忍耐強さ

話し手と聞き手の時間感覚は違います。話をしているときには、あっという間に時間が経つもの。その一方で人の話をじっと聞いているときには、時間が経つのがやけに長く感じます。会社の上司との飲み会で、一方的に話を聞かされるのが苦痛だったことはありませんか? 聞くのはたいへんな作業です。それだけに自分の話を「うん、うん、そうだね」と共感を示しながら、じっくり聞いてくれる相手はありがたいもの。そしてその相手に好意を抱くものです。

女性の場合にはこの傾向が顕著です。「話を聞いてほしい」つまり「共感」してほしい。これこそが、女性が会話に求めるニーズだからです。

石田さんが福山さんより女性にモテるのは、こうした理由から。昔から言われているとおり、「聞き上手」がモテる、というわけです。にもかかわらず、多くの男性は「何か話さなければいけない」という思い込みが強すぎます。特にオジサン世代が若い女性を目の前にすると、「年長者だから」「社会の大先輩だから」と気負いすぎて、会話をリードするべき、つまり「何か話さなければならない」と考えて、相手のニーズを見誤ってしまうのです。

次ページ女性が会話に求めるニーズ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT