トヨタ、営業利益1.8兆円計画は慎重

14年3月期、円安続けば上振れも

トヨタ自動車は5月8日、今年度(2014年3月期)の業績見通し(米国会計基準)を発表した。売上高23兆5000億円(前期比6.5%増)、営業利益1兆8000億円(同36%増)などを計画。5年ぶりの営業利益1兆円台に乗せ、大幅に業績回復を果たした前年度(13年3月期)から一段の上積みを目指す。

全世界ベースで販売台数を積み上げるとともに、原価低減や円安効果なども寄与する。一方で、トヨタ側の計画には慎重な面もみられる。現時点で4000億円の増益要因を見込んでいる円安効果は、もっと大きくなる可能性もあるからだ。

想定為替レートはドル90円、ユーロ120円

トヨタの想定為替レートは1ドル90円、1ユーロ120円。1ドル100円手前、1ユーロ130円手前で推移している足元の為替水準よりも、円高だ。トヨタの場合、想定レートよりも1円の円安になると、ドルで350億円、ユーロで50億円の営業利益押し上げ効果がある。足元の水準が続くという想定はできないものの、想定レートよりも円安に推移すれば1000億円単位で利益が上振れる可能性もある。

トヨタグループ全体の今年度販売台数計画は、1010万台(前年度は969万台、4%増の計画)。過去最高のうえ、1000万台の大台に到達する見通しだ。国内については145万台と、昨年末に発表していた140万台から上方修正。加えて、同日、都内で会見した小平信因副社長は「国内は景況感が良くなっており、すべり出しは大変順調」とさらなる上積みへの期待も示した。

海外も好調に推移する見通しだ。米国の自動車市場は活発な動きを見せており、主力車種のカムリやカローラが好調なうえ、新型車の効果もあり、220万台以上を狙えるとした。中国も直近4月の台数は前年同月比93%という水準まで持ち直してきており、年度全体では90万台以上(前期84万台)になる見込みだという。

さらに小平副社長は「原価低減の効果については、すでにメドがついているもののみを見通しに盛り込んでいる」と、今後さらに利益が押し上げられる可能性があることも示唆した。

トヨタが同日発表した13年3月期決算は、連結営業利益が前期比3.7倍の1兆3208億円、当期純利益は同約3.4倍の9621億円となった。営業利益が1兆円の大台を突破したのは2008年3月期以来5期ぶり。増収効果に加え、原価低減で4500億円、円安で1500億円の増益効果があった。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。