異常事態が続く日銀人事 政治は知らん顔 副総裁は空席のまま


メディアの責任

一方的に批判したが自省もある。日銀総裁人事をめぐって、われわれメディアはどういう役割を果たしたのだろうか。

今の局面にあって期待される日銀総裁像とはどのようなものか、というような提示を行えただろうか。副総裁、審議委員が空席という事態について、総裁人事のときと同じようなテンションで報じているだろうか。

モルガン・スタンレー証券のロバート・A・フェルドマン氏は3月26日、「次期日銀総裁候補を比較する」というリポートを発表して、その中で、求められるファクターごとの評点方式で複数の“候補者”たちの力量を分析した。このような視点がメディアには著しく足りなかったのではないか。そう思わざるをえない。

「その国を超える中央銀行はない」という言葉がある。中央銀行は国の最終的な資金尻を担っているだけに、そういう言い方には一定の真理がある。しかし今、日銀にはその言葉を超えてもらいたい。日銀のトップ人事をめぐる、この国の実情はあまりにもレベルが低すぎるからである。

政府と国会は3月の総裁人事のドタバタ劇を深く反省しつつ、一日でも早く、副総裁と審議委員を決定すべきである。本国会の会期は6月15日で終わる予定だ。残すところ1カ月もない。繰り返すが、日銀正副総裁人事や審議委員の任命は政府や国会の権利ではない。国民に対する義務である。
(浪川 攻 =週刊東洋経済)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT