リクルートは「激安決済サービス」で稼げるか

楽天と対決、ApplePayも上陸目前

「2020年の東京オリンピックに向けて、訪日観光客は増える一方。カードや電子マネーでの決済ニーズが今後ますます高まる」と、決済ビジネスに高い成長性があることを、戸田執行役員は強調する。

執行役員の戸田氏は電子決済ニーズの高まりを背景に、ビジネス拡大に取り組んでいると説明した

日本クレジット協会によれば、クレジットカード対応の端末台数は161万台(2015年11月末)。これに対して、小売や飲食の店舗は全国に約300万店以上ある。特に中小店舗での導入が進んでいない。

一方で、クレジットの発行枚数は2億5890万枚(2015年11月末)、電子マネーはSuicaが最大で5750万枚(2015年12月末)。それなのに、クレジットカード決済は決済全体の2割にも満たない。依然として8割強は現金決済なのだ。

カードや電子マネーの枚数に比べてカード・電子マネーの決済端末を備える店舗がなかなか増えないのは、導入コストの高さや、手数料率などランニングコストの高さ、入金までのタイムラグがある。

ApplePay上陸は目前だが…

Airペイの主な競合企業はスクエア社と楽天の2社。Airシリーズはこれまでスクエア社に決済業務を委託してきた。これからは、スクエア社とリクルートのどちらにするかを顧客である店舗側が選ぶことになるという。「スクエア社との協業関係は今後も続く」(戸田執行役員)というから、当面はリクルート・スクエア連合vs楽天の図式になりそうだ。

生活情報誌や就職情報誌が主体のリクルートLS。その新規ビジネスの一つであるAirペイは一体どこまで伸びるのだろうか。

日本のクレジットカード利用率の低さや、店舗でのカード端末導入率の低さは、裏を返せばAirペイの伸びしろでもあるが、今月はApple Payの日本上陸が見込まれるなど、決済関連事業の競争激化も予想される。リクルートLSは新たなビジネスチャンスをモノにできるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT