自分で景気の先行きを読む方法を会得しよう

今こそ『会社四季報』先取りの好機

四季報を離れることが実は「より深く付き合う」奥義

さて、お気づきでしょうが、実は今回は、『会社四季報』を取り上げてはいません。今は、 3月期決算会社の本決算発表の最盛期です。この時期は、発表されるごとに四季報との数値の差異を細かくチェックする投資家も多いはずです。

けれども、こうした作業を続ければ、非常に繁忙な毎日になってしまいます。株式市場が閑散であった時期に業績好調株をすでに仕込んでいたなら、利益をもたらす時期になっているはずです。多くの投資家が決算発表に一喜一憂する時期ほど、四季報を離れて株式市場を形成する、景気動向を先取りしたいものです。(もちろん、普段から四季報を習慣化していない、株式投資を始めたばかりの投資家のみなさんは、四季報を活用する絶好の時期です。こうしたみなさんには、バックナンバーをお読みいただくことを、勧めます。)

今回は、GW版として、盛りだくさんでお届けしました。株式市場は、どんな話題も材料にしますので、関連銘柄の物色がにぎわっていますが、「鳥インフルエンザ」が心配です。お隣の中国では、多くの死者が出ています。いまだ有効なワクチンがないのが深刻ですが、おそらく過去の教訓から特効薬の開発研究は急速に進んでいるはずです。日本にその可能性があるなら、日中友好の優れた修復プレゼントとして認可が下りればと願っています。

さて、決算発表がほぼ終わった頃(5月中旬)には、すでに、四季報の次号(夏号)の発売が迫っています。例年、『会社四季報』夏号は6月中旬に発売されていますので、次号まで残り1カ月となります。次回のコラム(5月上旬予定)では、独自にキャッチした景気動向の先取り作業を通して、蓄積した情報をいかに活用するかという実践的な方法を紹介します。いわば、「四季報先取り・実践編」です。お楽しみに。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT