自分で景気の先行きを読む方法を会得しよう

今こそ『会社四季報』先取りの好機

必見!先取り指標

さて、こうした政府の公表する公式の景気指標は、大切なことはもちろんなのですが、発表される前に身近に景気を感じる方法があります。
 筆者が活用している、簡単で今日からつかえる指標、いわば「先取り指標」を紹介します(字数の制約から簡略化していますが、ご了承を。詳細はまたの機会に)。

その1)海外利用者が多いホテルの活況度合いを観察する方法

海外からの渡航者が利用する主なホテルの利用者を観測します。
 大切なことは、同じホテルで継続することです。ホテルには、それぞれ特徴があり、東京なら、およそ7つ程度のホテルの海外利用者数を時系列で観測することで、公表される海外旅行者関連の公式の各種指標より、一足早く趨勢がつかめます。これは、株式投資における海外投資家の注目度を探るうえで、重要ですので、丹念に継続しています。

筆者が、観測するホテルは、次のとおりで、いずれも、筆者の株式投資とのかかわりの中でも、思い出深いホテルばかりです。主なホテルは、東京なら新宿にあるパークハイアットホテルです。以前は東京ガス所有の大きなガスタンクがあった、その跡地です。8割が海外渡航者のようです。

同じく、新宿区のハイアットリージェンシーホテル東京です。大学の卒業式当日にお世話になったホテルで、小田急電鉄グループ。海外からのビジネス渡航者に人気のホテル。有楽町では、日本の代表格、帝国ホテル。渡航者のほか、宴会開催数を観測すれば、企業の元気度が推測できます。3つのホテルでは、利用者層が異なっていて、重複することがないのが注目点です。

拓殖大学・坂田ゼミナールでは、例年、ゼミナール合宿として、こうしたホテルを会場として特別に利用させていただいています。それぞれ、「パークハイアット指数」「ハイアットリージェンシー指数」「帝国ホテル指数」などの「ホテル指数」として集計しています。

単独でも景気動向を探るうえでは、価値がある指数です。けれども、ホテル指数は、「遅行系列」ですので、複数の指数を組み合わせすると、さらに先読み威力を発揮します。 

次ページホテルに加え、他の業態を組み合わせて観察する
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT