JTがもくろむ、「メビウス」の値上げ

旧「マイルドセブン」、消費増税の転嫁以上の可能性も

値上げ実現なら好業績を後押し

仮に値上げが実現すれば、JTの好業績を一段と後押しすることになる。JTが4月25日に発表した2013年度計画は、たばこの値上げを見込んでいないにもかかわらず、売上収益2兆3680億円(前期比11%増)、営業利益6160億円(同15%)と強気だ。円安傾向により、海外事業の為替換算上の目減りがなくなることに加え、国内では下期に消費増税前の駆け込み需要を予測する。

「しかるべきタイミングでのプレミアム化は、常に私の頭の中にある」と小泉社長は言う。ブランド刷新に伴う客離れの不安が払拭されつつある中、値上げに向けた素地は着々と整いつつある「メビウス」。JTは値上げに踏み切るタイミングを探っている。

(撮影:尾形 文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT