東大・外資エリート美女と語る、男女の別れ

桜の季節は別れの季節

グローバルエリートからの講評

さて、今回はネットで久しぶりに友人から日本の桜の模様が送られてきたのを見て、日本が懐かしくなり追憶にふけっていたところ、思えば4月は出会いと別れのシーズンだったことが思い起こされ、本コラムを寄稿することにした。

なにを隠そう、一度別れを決めたらもう女性が返ってこないのは私も経験済みだ。30代中盤にもなると、相当のショックを受けても慣れっこになってしまい耐性ができているのでビクともしないわけだが、20代前半や中盤、下手したら後半になっても、別れは悲痛なまでに痛々しいものであった。

そして若いころの失恋では、やめとけばいいのに尾崎豊の曲や山崎まさよしのone more timeなどを聞いて、思い出にふけりながら傷口に塩を塗り続けるのだ。

今回のコラムを書くことで、私は全国1000万人の4月の別れにめそめそしている読者の皆様にカツを入れたい。前を見よ、あなたを捨てた彼女はあなたのことを一切、大切になんて思っておらず、とっくにほかの彼氏をつくってよろしく楽しくやっているのだと。

傍にいるのが当たり前だった恋人を喪失すると、そのときは苦し紛れに“元彼女とよりを戻す方法”などと検索して 、“100%元恋人とよりを戻す方法”や超あやしげな教材が2万5000円で売っている商材を買おうと思ってしまうものだが、それを買って後悔する前に、ぜひこのコラムをその友人に転送して“いいね”をクリックしてほしい。

イタリアかどこかのことわざで「列車と女性は追うな、待っていたら次が来る」というのがある。またフランスかどこかに、「ロープが切れても結ぶことができるが、その結び目は常に目立つ」ということわざがある。深刻に亀裂が入ってしまえば、直すより出直したほうが幸せの成功確率は高いのだ。

人生は長いようで一瞬であり、無駄に嘆き悲しんでいる暇はない。勝手なロマンチックな解釈で“運命の人だったのに……”などと思い込みを強めず、彼女からもらった絵葉書やプレゼントはびりびりに破り捨てて、できれば庭先で新聞紙にくるんで、燃やしてしまおう。

人生も投資も人間関係も、徹底的に劣化したものを再生しようといつまでも無駄な努力をするより、きれいにバランスシートを清算して、新たな出発を迎えることが大切なのである。さぁ、窓の外を見てほしい。きれいな桜の花びらが散っているではないか。あなたはこの花びらを拾ってルル3錠の空き瓶に保存していつまでも追憶にふけるのか、それともまた桜を育てて、散るのがわかっていてもその一瞬のために人生に夢を見るのか……。

散るとわかっていながらその一瞬のために生きる。そしてすべての花びらが散った後には新たに緑の葉を生やす――その無常の美しさを達観したとき、あなたは恋愛にも人生にもより前向きに楽しく向き合えるようになることだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。