「就活に行き詰まった」4年生にお勧めの場所

東京しごとセンターや中小企業家同友会

昔から中小企業は学生に認知されていないので採用に苦労してきた。大学の就職課を訪問しても相手にされないことが多い。そこで、同友会では採用において会員企業が協力して採用活動を行っている。

1970年代から合同企業説明会を実施

今でこそ就職サイトや自治体が開催する「合同企業説明会」(合説)は珍しくないが、同友会では「合同企業説明会」という言葉が珍しかった1970年代から開催している。「Jobway」を始めたのは2004年。

2015年度の登録企業数は1076社、登録学生数は1万4770人。2016年度は9月時点で1096社、1万0397人。景気が良くなると学生数が減って企業数が増える、景気が悪化すると学生数が増加して企業数が減少するという傾向がある。

地域や業種などを入れて検索すれば条件に合致した企業が出てくる。しかし、中小企業は業務内容がわかりにくいことが多いので、実際に企業と接触することが重要だ。中小企業家同友会は全国各地で合同企業説明会を開催しているので、就活生は積極的に参加するべきだろう。

また、地方での開催予定を詳細に掲載しているので、J・Uターン就職をしたい就活生にはとても便利だ。同友会の平田美穂・事務局長は「同友会の合説には安心の中小企業がそろっている」という。ブラック企業の存在について心配する必要はないということだ。

リクナビやマイナビといった就職サイトが主催する合説では出展企業同士のつき合いはないが、同友会の合説に参加している企業はすべて同友会の会員であり、会合や勉強会を通じてつき合いが深い。会員仲間の目があるので、新入社員を使い捨てにするような経営はしにくい。

また、会員企業に問題があれば同友会が指導することができる。就職サイト主催の合説では出展会社は主催者の顧客なので、個別に指導するのは難しい。

会員企業の社長同士が知り合いで、お互いの事業内容をよく知っているため、ブースに来た学生が自社よりも他社に向いていると判断すれば、他社のブースに行くように勧めることもあるという。他の合説では他社は採用におけるライバルなので、こんなことはあり得ない。就活生の立場に立った合説と言える。

総合人材サービスのアイデムの調査によれば、9月1日時点で74.2%の学生が就活を終了した。2017年卒の就活が終盤を迎えているのは間違いないが、まだまだチャンスはある。内定のない学生や内定を持っていても納得できていない学生は、東京しごとセンターや中小企業家同友会を活用してみてはいかがだろうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT