マツダが劣勢の北米に投じる「CX-9」の実力

クチコミを意識した生き残り戦略とは?

3列シートを備え全長が5メートルを超える「CX-9」(著者撮影)

9月中旬、アップルのiPhone 7発表会の熱気を体感したその足で、カリフォルニア州オレンジカウンティにあるマツダ・ノースアメリカン・オペレーションズ(北米マツダ)へと向かった。マツダが北米向け専用車種と位置付ける「CX-9」を体験するためだ。

昨今、特徴的なデザインや走りのよさ、優れたエンジン技術などにより、日本におけるブランドイメージを急速に高めているマツダだが、実は北米でのブランドイメージも極めて高い。

インターブランドが毎年発表している「Japan's Best Global Brands」の2016年版では、13位にランクイン。算定されたブランド価値は18億9900万ドルで、昨年に比べ36%も増加。北米市場で大躍進しているスバルに次ぐ評価を得た。

北米市場におけるマツダのシェアは、わずか1.7%

画像を拡大
ブランド力は高いが、北米でのシェアは1.7%と低い

さらにコンシューマリポートによる自動車ブランドランキングでは、1位レクサス、3位トヨタに挟まれての2位に輝いた。この後に続くブランドがアウディ、スバルだと言えば、その評価の高さが伺えるだろう。コンシューマリポートのブランドランキングは、必ずしもブランド人気そのもので決まるものではないが、こちらも昨年6位からの急上昇。筆者が訪れる街におけるマツダ車の数も年々増えているような感触を持っていた。

ところが、北米市場におけるマツダのシェアは、わずか1.7%しかない。北米市場で3~5位を占めるトヨタ、ホンダ、日産はもちろん、9位につけるスバル(3.3%)の半分程度の販売台数しかない。

高いブランド力を持ちながらも低いシェアにとどまる理由については、コラムの最後に書き添えて次の記事へとつなぎたいと考えているが、そんなマツダが北米市場攻略の戦略車として投入したのが、ミドルクラスSUV「CX-9」である。

次ページなぜミドルクラスSUVなのか
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。