マツダが劣勢の北米に投じる「CX-9」の実力

クチコミを意識した生き残り戦略とは?

もっとも、こうした戦略を取り北米市場専用車種としてCX-9を開発(北米以外での販売は行わないとマツダは断言している)、上向きのバイラルを狙う手法に特化しているのは、北米市場におけるマツダの難しい立場も表現しているのかもしれない。

あまり広くは知られていないが、マツダはグラスルーツ(草の根)モータースポーツのジャンルで55%という極めて高いシェアを誇っている(SCCA、スポーツ・カー・クラブ・オブ・アメリカ主催レースへのエントラントシェア)。そのために乗用車用としてはすでに使われていない13BロータリーやMZR型レシプロエンジンの供給も行っている。

草の根モータースポーツからステップアップし、より上位を目指して行くピラミッド構造のシステム全体のサポートも積極的で、モータースポーツが根付いた北米におけるマツダのブランド力向上に大きく寄与している。こうした活動と近年の車の質そのものの向上が、売り上げ規模に対して高いブランド価値を生み出している。

そんなマツダの課題は、高いブランド力、新世代製品で高めてきた商品力を販売へとつなげていくことだろう。フォードから独立してさほど年数を経ていないマツダが、北米での販売力を強化することは容易ではない。

「事業」としてのレース活動

しかし、それを自覚しているからこその、実用性能を高めて口コミ重視で評判を上げる戦略的な車の企画・設計、それにレース活動を通じたブランド戦略だ。マツダの北米におけるレース事業は、実はプラスマイナスがほぼないブレークイーブンで運営されており、マーケティングのために巨額投資を行っているわけではない。

小さな、しかし独自性のある自動車メーカーとしての戦い方のひとつとして、事業としてのレース活動もある。

そんなマツダが今年から開催しているのが、GLOBAL MX-5 CUPだ。今年は欧州、日本を含むアジアなどから若手ドライバーを招待してのレースとなったが、来年からは各地域でMX-5カップカーによるシリーズ戦が行われ、各地域を勝ち抜いたドライバーが米国カリフォルニア州にあるマツダ・レースウェイ・ラグナ・セカで決勝レースを行う。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。