32歳高年収女子は「高飛車女」と判定された!

東京カレンダー「崖っぷち結婚相談所」<4>

コミュニケーションが、完全に一方通行だったことに気がついていなかった杏子は…
典型的な結婚できない女、杏子、32歳。
慶應大学卒業後、丸の内の某外資系金融でセールス職に就き、年収は2000万円を優に超える。
美人だがプライドが高くワガママな彼女は、男運が悪く全くモテない。さらにハイスペックゆえ、男が近寄りたくない女ナンバーワンとまで噂されている。
恋愛市場で負け続け、さすがに危機感を持ち始めた杏子。そんな彼女は婚活に本腰を入れることを決意。結婚相談所に登録をし、そして初のマッチングデートを済ませたが……?

反応が楽しみで仕方がなかった

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

杏子は、表参道をご機嫌で闊歩している。

今日は、久しぶりに髪型を変えた。前回、アドバイザー直人に「黒髪が魔女みたいだ」なんて言われたので、髪を気持ち明るく染めてみたのだ。

「明るい髪色も本当にお似合いです。美容師として、杏子さんみたいな方を担当できて嬉しいです!」

美容師の言う通り、鏡の中には一層美しい自分の姿があった。杏子の髪は艶やかなロングヘアで、枝毛一本見当たらず、手入れをすればする程に輝く。髪を見慣れている美容師が賞賛するのも無理はないほど、自分の髪は美しかった。

そして杏子は、渋谷の結婚相談所へ向かっていた。直人から「話がある」と、呼び出されたのだ。きっと、先週末に会った飯島のことだろう。2回目のデートのオファーか、ひょっとすると交際を申し込まれているかもしれない。

次ページあなたは自分の市場価値を高く見積もり過ぎている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。