39歳妻はこうして「ド本命」の夫と結婚した 晩婚さんは理想より現実を重視するべきか?

印刷
A
A

転機は28歳のときだった。父親が病気で倒れ、親戚から「早苗ちゃんが帰って来るだろう」と期待が高まり、叔母からはお見合いを設定された。

「仕事も面白くなっていた頃でした。断り切れずにお見合いをしましたが、気が重すぎて前日に熱を出してしまったぐらいです。相手は、地元の優良企業に勤めている男性。一般的にはよい見合い先なのかもしれませんが、私は何も感じませんでしたね。その男性とぶっちゃけで話し合って、お互いに興味が持てなかったことにしました」

生保の外交員女性に頼んだ合コンで…

このままでは親戚のプレッシャーが高まるばかりだと危機感を覚えた早苗さん。ライブ仲間などに声をかけて合コンを次々と企画した。しかし、なかなかいい出会いはめぐってこない。

「私たちの間では、金髪ロンゲでコミュニケーション能力が高い男性には、人気が殺到します。しかも、実は彼女がいたり、定職についていなかったり。いい人をつかまえることはできませんでした。その頃、すでに30代です。女性にとってはキツイ年齢なんだなと焦りを感じ始めました」

35歳になった早苗さんは、なりふり構わずに婚活することを決意。幸いにして、職場の人間関係は良好で、既婚男性の上司などは親身になって応援してくれた。

「取引先を含めて、そこら中に『いい人がいたら紹介してください』とお願いしました。あまり重くなってはいけないので、『いい加減に結婚しないとマズいんです。田舎の両親が泣いているんですよ~』と自虐笑いを交えていましたよ」

特に熱心に応援してくれたのは職場に出入りしていた生命保険の外交員女性である。親しい外交員とも連携して、顧客同士の合コンを何度も開いてくれた。これだけの好意の背景には、明るく仕事熱心な早苗さんの人柄に加えて、管理部門で長く働いている彼女を通して保険の営業を拡大する意図もあったはずだ。しかし、利用できるものはすべて利用させてもらうのが晩婚さんの生きる道である。

3回目に参加した合コンで出会ったのが、現在の夫である8歳年上の直人さん(仮名)だ。

「保険のオバちゃんには、『今日は鳥みたいな頭の男性が来るけれど、すごく素直でいい方なので心配しないでね』と言われました。ドクロ柄のパーカーで登場した彼は金髪モヒカン。背も高くて、私が言うのもなんですけどイケメンです。ファッションデザイン会社を自分で経営している社長なのに、すごく腰が低くて気遣いができる人でした。ファッションセンスと髪型も含めて、私のドストライク。恋人がいなかったら押すしかない!と決意しました」

次ページ早苗さんの賭け
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT