日本の個人投資家が、グローバル化する時代

マネックスグループ 松本大 会長兼社長CEOに聞く

――アメリカ株の取引量も伸び悩んでいます。アメリカの子会社の業績は厳しい。市場の風向きは、決して順風ではない。

その通りです。2008年のリーマンショックに続いてMFグローバルの破綻があり、あるいは、様々なネガティブイベントが発生しました。その結果として、アメリカ人のなかにあった、「株式に対する熱意」が冷えてしまっている。アメリカだけではない。この数年間、世界の株式型ファンドからのドレイン(流出)は、腰を抜かすほど巨額です。この5年間で何百兆円という規模で資金が抜けてしまった。しかも、ステディに、です。

これは、単に市場規制強化の影響という話ではありません。アメリカ人のマインドが株式で資産を増やすということから離れて、市場のアンカーとなる投資家層が減少してしまっている。企業の業績は良いので株価は上がっていても、それは限られた株主の間でチェンジング・ハンドしているだけのことです。

そうしたなかでは、経営は厳しい。が、さすがにここがボトムでしょう。去年の今頃の日本もかなり暗かったでしょう。アメリカもこれから良くなってくる。とにかく、厳しい環境がある程度続いても、経営哲学、経営方針などを変えずに生き延びることがとても大切です。そのためには、コストをきちんと抑制して、ビジネスを変更せずに済むようにする。いずれ波が来れば、先に向かうことはできる。

――フロントランナーが前進するには逆風はつき物ということでしょうか。

数年前、新聞広告を連続で出したことがあります。半ば意見広告のようなものでした。毎回文章を書き換えました。じつは、その一つも「ヨットは逆風で進む」(笑)。私にはそういう気持ちが昔からある。マネックスの前に働いていたときも、かなりイノーベイティブな企業の中ですら、私はつねに異端でした。でも、「ふりむくな ふりむくな 後ろには夢がない」(寺山修二詩『さらば ハイセイコー』)ですよ。

ただし、百戦錬磨とまではいかないけれども、数多く闘ってきたので、我々なりに緻密な計算のうえでやっている。グローバルビジョンも5年分のコストカットのスケジュールを公表しています。多年度の計画のなかでコストを公表している証券会社は当社以外にはありません。システム開発を通じてコスト削減し、グローバルな商品供給力を向上していく。これは、他社とはまったく次元が異なる挑戦です。頑張っていきます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT