波風たてない「英語での苦情」、言い方のコツ

覚えておきたい微妙なニュアンス

✕ Can/Could you not use so much copy paper? (コピー用紙を無駄遣いしないでいただけますか)

Can/Could you try to save more copy paper? (コピー用紙はもう少し節約するようにしていただけますか)
✕ Will/Would you not leave your computer on? (コンピュータの電源をつけっぱなしにしないでくださいますか)

Will/Would you turn off your computer when you leave?
(退社時にはコンピュータの電源を切ってくださいますか)

アドバイス程度の気軽な指摘に

親しい人に「注意する」くらいの感じの苦情であれば、You should/shouldn’t ~が一般的です。言い方によっては命令っぽくなってしまいますので、トーンには注意してほしいのですが、通常はアドバイス程度の気軽な指摘に聞こえます。

You should reply to emails more quickly. (メールにはもう少し早めに返信したほうがいいよ)
You should come in on time. (時間通りに出社しなくちゃダメだよ)
You shouldn’t use so much copy paper. (コピー用紙を無駄遣いしちゃダメだよ)
You shouldn’t leave your computer on. (コンピュータの電源をつけっぱなしにしないほうがいいよ)

shouldを使うと、過去のことについての指摘をすることもできます。「should/shouldn’t have + 過去分詞」の形にして、「〔~したほうが・~しないほう〕がよかった」という意味で使います。

You should have come in on time. (時間通りに出社するべきだったね)
You shouldn’t have used so much copy paper. (コピー用紙をあんなに無駄遣いしないほうがよかったのに)

もう少し責め口調になると、Why did/didn’t you ~? 「どうして〔~した・~しなかった〕の?」という表現もあります。語気の強さは日本語と同じくらいだと思っていいでしょう。

Why didn’t you come in on time? (なんで時間通りに出社しなかったんだよ)
Why did you use so much copy paper? (どうしてコピー用紙をあんなに無駄遣いしたの?)

短い時間でしたので、タロウさんのメールは2カ所だけ修正して終わりました。「今回は使用しませんでしたが、こんな表現もありますよ」とここに挙げた構文を書き出して差し上げると、とても喜んでいました。そして、「先生、メールの書き方の研修とかもあるんですか?うちの会社で開催してもらえないか、人事に提案してみようかな」と言うではありませんか。これはビジネスチャンス!「タロウさん、研修の詳しいお話は、あちらに営業がおりますので、資料などお持ち帰りになってくださいね」と一緒に営業のもとへ。But we haven’t heard from him since. (ところが、その後音沙汰なしです)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。