ホンダ、儲からない「NSX」を復活させる理由

約10年ぶりの復活、スーパーカーの役目は?

新型NSXのリアスタイル(撮影:尾形 文繁)

その後、2008年のリーマンショックで業績は急悪化、2009年にはF1からも撤退する。さらに2011年の東日本大震災、タイ大洪水と試練は続いた。開発陣の士気を高めるプロジェクトは影を潜めた。

業績回復の兆しが見えた2012年、ホンダは「2016年度に世界販売600万台以上を目指す」と宣言。重点市場の北米だけでなく、急成長する新興国に合わせた、生活の足となる車の開発に注力した。

だが、軽トラックとスポーツカーから4輪事業が始まったホンダにとって、こうした車は復活の象徴とはなりえなかった。このままでは開発陣の挑戦の場が失われてしまう。危機感を抱いた伊東孝紳前社長はスポーツカーの開発再開を決断したのだった。

販売台数や収益では評価できない?

華々しい復活を遂げたNSXだが、課題も多い。本田技術研究所の和田範秋主任研究員は「(フレームに採用した鋳造部品など)研究所で成熟してきた最高峰の技術が世に出せる」と誇るが、NSXで実用化された技術は高コスト。価格の制約がある量販車への応用は現実的ではない。

当記事は「週刊東洋経済」9月17日号 <9月12日発売>からの転載記事です

販売面でもホンダはNSXによってブランド全体が向上することを狙っている。が、北米や中国を中心に展開する高級ブランド「アキュラ」の育成ならまだしも、フィットや軽自動車といった普段使いの車種の販売に、どれだけ貢献できるかは未知数だ。

新型NSXは販売台数や収益性では評価できない難しさがある。プロジェクトの成果を判断するには、しばらく時間がかかりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT