南京大虐殺と、“日本人”としての娘の戦い

私と両親と娘にとっての「現代史」

キッシンジャーが愛する中国

今日まで、娘も私も、多くの中国人と戦争の話をしてきた。

私の場合、極力そうした話を避けようとしてきたが、たまたま向こうが同年輩だと、歴史や戦争の話になることが多い。そうして酒が入れば、「実は、私の叔父は日本軍に杭州で殺された」というようなことを言われることがある。

そういうときは戸惑うが、それならと、私も父の話をする。

反日教育を受けて育った若い世代には、日本人を非難する若者がいる。そういうときは、「国共内戦のときも、大躍進、文化大革命のときも、あなたたちは同じ中国人同士で殺し合ったではないか? それと日中戦争を比べてみればいい。お互いを非難し憎しみ合っても何も生まれない」と言う。

2007年7月、南京大学とジョンズホプキンズ大学の提携が20周年を迎え、盛大な式典が開かれた。来賓にはアメリカからヘンリー・キッシンジャー元国務長官が招かれた。この式典は、南京市長から共産党幹部まで、南京市の有力者がすべて出席し、彼のスピーチに盛大な拍手を送った(ジョンズホプキンズ南京センター20周年式典でのヘンリー・キッシンジャー氏の写真はこちら)。

キッシンジャー氏は、日本より中国が好きで、とくに周恩来を高く評価していた。米中国交樹立の立役者だから、中国にとっては大恩人である。だから、彼が市内を移動するときは厳重警備態勢が敷かれた。新街口の道路の両側には公安がずらっと並び、道路は封鎖された。キッシンジャー氏の南京訪問は、翌日の新聞もテレビニュースもトップ扱いだったという。

そうした厳戒態勢の中、式典後、彼のクルマが向った先は宴会場。そこには、ジョンズホプキンズ南京センターの卒業生が出迎え、南京料理が並び、名物の餃子が山盛りになっていた。 

この式典に参加した娘は、「こんなに中国とアメリカが仲良くなったら、日本は困る」と思ったという。それで、アメリカ人学生にそれを伝えると、こう言われた。

「実は、キッシンジャーは中国は好きだけど、中華料理は嫌いだ。見ろよ、餃子をひとつも食べていないだろ」

教育とは、この世に満ちている誤解と偏見を乗り越える「旅」ではないだろうか? そして、その旅の途上で、子供たちはアイデンティティを確立して大人になる。これができて初めて、本当の教育ではないかと、私は思う。

残念ながら、今の日本の教育は、これができているとは言い難い。特に、重点を置かなければいけない歴史教育はまったくおざなりだ。インターのような国際教育をやれば、必ずしもその欠点をカバーできるとは言えないが、少なくとも、より日本人らしい日本人が育つのではないだろうか?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT