有力エコノミストが注目する業種、しない業種

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(2)

1位「輸送用機器」、2位「不動産業」、3位「機械」――東洋経済新報社の『会社四季報』編集部が、有力エコノミスト各氏へ2月時点で実施した「景気四季報」の特別調査「注目の業種」の集計結果だ。

個々の回答は、投資期間の長さや評価基準がファンダメンタルズかテクニカルかなどを限定しない主観的・大局的な見地により、東証33業種分類の中から「期待できる業種」「期待できない業種」を各三つまで挙げた、とても多様なもの。

たとえば「電気機器」や「海運業」は、エコノミスト各氏の独自の判断により、「期待できる業種」にも「期待できない業種」にも登場している。これは、そうした業種が「まだ買えない」と「もう買える」との強弱が対立した局面にあることを示唆しており、ことに興味深い。

次ページさらに数値化すると…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT