有力エコノミストが注目する業種、しない業種

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(2)

1位「輸送用機器」、2位「不動産業」、3位「機械」――東洋経済新報社の『会社四季報』編集部が、有力エコノミスト各氏へ2月時点で実施した「景気四季報」の特別調査「注目の業種」の集計結果だ。

個々の回答は、投資期間の長さや評価基準がファンダメンタルズかテクニカルかなどを限定しない主観的・大局的な見地により、東証33業種分類の中から「期待できる業種」「期待できない業種」を各三つまで挙げた、とても多様なもの。

たとえば「電気機器」や「海運業」は、エコノミスト各氏の独自の判断により、「期待できる業種」にも「期待できない業種」にも登場している。これは、そうした業種が「まだ買えない」と「もう買える」との強弱が対立した局面にあることを示唆しており、ことに興味深い。

次ページさらに数値化すると…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。