有力エコノミストが注目する業種、しない業種

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(2)

そうした多様な回答をあえて、点数化して集計したのが、右の「注目の業種」ランキングである。

上位5業種をあらためて紹介すると、1位「輸送用機器」、2位「不動産業」、3位「機械」、同ポイントでの4位が「建設業」と「証券、商品先物取引業」である。これは、円安・超低金利・株高に加え、復興需要という、多分にアベノミクスにも関連する業種が上位に並んでいるといえよう。

一方で下位は、競争激化とボーイング787問題を抱える「空運業」が32位。輸入燃料高と原発問題を抱える「電気・ガス業」が最下位の33位となっている。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT