知らないと損。4月から自動車保険が大改訂

事故を起こすと、保険料は大幅値上げに

そうした損得の目安を計算するための保険料概算ソフトを各保険会社は開発しており、代理店に問い合わせれば、わかるようになっている。また、損保ジャパンがドライバー向けに作成した「よく分かる等級制度のお話」と題したパンフレットも新制度を理解するうえで参考になる。

事故を起こさない努力が必要

事故を防ぐためのスマートフォンを用いた無料のアプリケーションも、「Safety Sight」(損保ジャパンと日本興亜損保)、「サポNAVI」(あいおいニッセイ同和損保)、「スマ保」(三井住友海上火災)などの名称で各社が導入している。

かつて損保会社にとってドル箱だった自動車保険は、高齢者ドライバーの増加や事故率の上昇などで「赤字商品」に陥っている。そうした事情が制度改革および値上げの背景にあるだけに、今後もさらに値上げが行われる可能性がある。月並みな表現ではあるが、今まで以上に安全運転を心がけ、事故を起こさないことが、保険料アップから身を守るための最善の策になる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。