名医で知られる病院は「悪夢のようだった」

「本当に頼れる動物病院」はどこにあるのか

プー君は保健所で殺処分される一歩手前で動物愛護団体に救出され、田村さんの元に来た。団体スタッフの「殺処分直前まで行った子は、新しい飼い主に深い恩義を感じている」という言葉が真実かはわからないが、プー君はいつもどこか遠慮しているような、控え目な猫だった。

田村さんはそんなプー君がいじらしくて、文字通りわが子のように愛した。「少しでも苦しませたくなかった。でも病気がわからないがゆえに、痛い・辛い・怖い思いをさせてしまった」

獣医にも得手不得手がある

田村さんは後悔する。そしてこうも言う。「最初から高度な検査のできる病院に行っていれば、同じ寿命であっても苦しめず、緩和ケアができたのではないか。でも山ほどある動物病院のどれを選べばよいのか、飼い主にはまったくわからない。だから名医という触れ込みを信じてあの病院に行ったのだが……」

「週刊東洋経済」は定期購読者向けのオリジナルサイト「週刊東洋経済プラス」をオープンしました。「東洋経済ID」でログインすると最新号の一部記事を無料で読むことができます

田村さんの指摘はもっともだ。動物病院は全国に1万1486軒(2015年)あるが、その大半は犬・猫問わず、内科でも外科でも歯科でも診る総合病院型の立て付けにしている。だが人間の医療において万能な医師がいないように、獣医にも得手不得手がある。重篤な傷病となれば、ふさわしい病院・獣医を早急に求める必要がある。

週刊東洋経済は9月5日発売号で『みんなペットに悩んでいる』を特集。今回、全国の動物病院にアンケート調査(無作為抽出方式、調査票の発送総数1300)を実施し、「高度・専門医療を求める飼い主に、自信を持って紹介できる動物病院はどこか」と聞いた。有効回答87件をもとに「プロが本当に信頼する動物病院」としてランキングを掲載した。

トップに選ばれたのは、日本大学動物病院(神奈川県藤沢市)。推薦した獣医からは「常に医療の進化を感じる」「実際に診療を受けた飼い主からの評価が高い」といったコメントが寄せられた。

日々難しい手術が行われる日本大学動物病院。獣医対象のアンケートで、トップ病院に選ばれた(撮影:今井 康一)

中山智宏院長は「ここには死を覚悟して来院する飼い主が多く、実際に亡くなることも少なくない。だからこそ少なくとも、『できることはすべてしてあげた』と飼い主に感じてもらえるように心掛けている」という。獣医はペットの体だけでなく、飼い主の心を診る存在でもあるのだ。

ランキングには興味深いことに、前述の有名病院を含め、メディアにたびたび取り上げられるような病院は必ずしもランクインしていない。回答数は限定的ながら、愛犬家、愛猫家と普段よく接している獣医の声は、動物病院の知られざる実態を映している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
迷走する技術者王国<br>ホンダが消える日

「ホンダにしかできないエッジの立たせ方をしないと、ホンダはいなくなる」。八郷隆弘社長が断言。独創性を取り戻そうと、提携や研究開発組織の再編を加速。生き残れるのか。