スタバなどの納税額「屋台1軒分より少ない」

オーストリア首相が批判

 9月2日、オーストリアのケルン首相はスタンダード紙のインタビューで、スターバックスやアマゾンなど多国籍企業のオーストリアでの納税額が、ソーセージを販売する屋台1軒分よりも少ないと批判した。写真はウィーンにあるスターバックス店舗で6月撮影(2016年 ロイター/Leonhard Foeger)

[アルプバッハ(オールストリア) 2日 ロイター] - オーストリアのケルン首相は2日のスタンダード紙のインタビューで、スターバックス<SBUX.O>やアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>など多国籍企業のオーストリアでの納税額が、ソーセージを販売する屋台1軒分よりも少ないと批判した。

首相はグーグル<GOOGL.O>やフェイスブック<FB.O>もやり玉に挙げ、こうした企業の納税額がもっと増えれば活字メディアへの補助金を増やすことができると指摘。欧州連合(EU)の欧州委員会がアップル<AAPL.O>に対して命じた最大130億ユーロの追徴課税を称賛した。

またアイルランドやオランダ、ルクセンブルクなどを列挙し、多国籍企業誘致のために税制優遇措置を導入しているEU加盟国を批判した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT