被災者への医療費支援、宮城県が打ち切り

4月から25万人に窓口負担が発生

定例会見で打ち切りを表明した宮城県の村井知事(撮影は11年8月)

宮城県は、東日本大震災の被災者に対する医療費の免除に必要な財源支援を3月末で打ち切ることを決めた。3月25日の定例記者会見で村井嘉浩知事が明らかにした。津波や地震被害などで自宅を失った被災者も4月1日以降、震災前と同じ3割負担(70歳以上は1割負担)に戻る可能性が高く、受診抑制を招く懸念が広がっている。

市町村にも負担能力なし

これまで県は、国民健康保険に加入する患者が病院の窓口で支払う一部負担金の免除に必要な総額の2割を支出。国の8割と併せて、免除措置に必要な財源を賄ってきた。しかし県では「予算確保が難しい」(村井知事)ことから、支援措置を3月末で終了する。県が負担してきた分を肩代わりする余力が乏しいことから、4月以降はほとんどの市町村で免除措置がなくなる見通しだ。

宮城県によれば2012年度の医療費免除に必要な支出総額は「年間30億円程度」(国保医療課)。今後も国保加入者の増加が見込まれることから、「13年度も支援措置を継続した場合、必要額は今年度以上になる」(同課)という。

次ページ国はどうするのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。