イタリア中部地震死者250人、懸命の救出作業

がれきの中で懸命の救出作業が続く

 8月25日、イタリア中部地震の死者数が250人以上に達した。写真はアマトリーチェの救出作業現場で24日撮影(2016年 ロイター/Ciro De Luca)

[アマトリーチェ(イタリア) 25日 ロイター] - イタリア中部で発生したマグニチュード(M)6.2の地震で、死者数が25日、250人以上に達し、さらに増える恐れもあるとみられている。

救援チームが、がれきの下敷きになった生存者の救出作業を続けている。市民保護当局によると、前日の地震でけがを負った約365人が入院した。

アマトリーチェやアックモリなど、特に大きな被害に見舞われた地域で死亡、負傷した人の多くが行楽客だった。当局者らは、スペイン人1人、ルーマニア人5人ら複数の外国人が死者に含まれるとの見方を示した。

行楽客の流入で、これら地域の人口は夏季に10倍まで膨らむとされ、安否確認が難航している。

深夜には、約15時間がれきの下敷きになっていた10歳の少女が無事救出される光景も見られた。ただ、生存者発見の見込みは、時間を追うごとに低下している。

25日にはM4.3の余震が発生、救出作業に当たる人が退避したり、生存者が不安やパニックに陥ったりする場面もあった。

今回の死者数は、2009年に中部ラクイラを襲った地震の300人超に匹敵するか、上回る公算が高いとみられている。

イタリアには2本の断層線が走り、欧州有数の地震多発国として知られる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。