イタリア中部地震死者250人、懸命の救出作業

がれきの中で懸命の救出作業が続く

 8月25日、イタリア中部地震の死者数が250人以上に達した。写真はアマトリーチェの救出作業現場で24日撮影(2016年 ロイター/Ciro De Luca)

[アマトリーチェ(イタリア) 25日 ロイター] - イタリア中部で発生したマグニチュード(M)6.2の地震で、死者数が25日、250人以上に達し、さらに増える恐れもあるとみられている。

救援チームが、がれきの下敷きになった生存者の救出作業を続けている。市民保護当局によると、前日の地震でけがを負った約365人が入院した。

アマトリーチェやアックモリなど、特に大きな被害に見舞われた地域で死亡、負傷した人の多くが行楽客だった。当局者らは、スペイン人1人、ルーマニア人5人ら複数の外国人が死者に含まれるとの見方を示した。

行楽客の流入で、これら地域の人口は夏季に10倍まで膨らむとされ、安否確認が難航している。

深夜には、約15時間がれきの下敷きになっていた10歳の少女が無事救出される光景も見られた。ただ、生存者発見の見込みは、時間を追うごとに低下している。

25日にはM4.3の余震が発生、救出作業に当たる人が退避したり、生存者が不安やパニックに陥ったりする場面もあった。

今回の死者数は、2009年に中部ラクイラを襲った地震の300人超に匹敵するか、上回る公算が高いとみられている。

イタリアには2本の断層線が走り、欧州有数の地震多発国として知られる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。